ネット&スマホの乗り換えは、黒字になる? キャッシュバックキャンペーン体験記

ネットトスマホ
今年の初めに、ネット回線とスマホをNTTフレッツ&ドコモからauひかり + au one netに変更しました。
auひかり+ au one netは、所定の範囲で契約できる回線数が決まっているのでネットが安定していて速いと聞いたのと、スマホが無料で支給されると聞いて決めました。

新規顧客の奪い合いで各社様々なキャンペーンを打ち出していますが、キャッシュバックキャンペーンを使用したら黒字になるのか、月額支払いはお得になるのかまとめてみました。

さて、どんな収支になったのでしょうか…

スポンサーリンク
レスポンシブル(PC)

NTT フレッツ光から、auひかり へ。

乗り換え費用比較

NTT au 金額
光もっともっと割 解約金 -11,340円
計. -11,340円
auひかり 登録料 -3,240円
電話オプションパック利用料
(下記、乗りかえサポート還元に加入が必要)
540×3=
-1,620円
乗りかえサポート還元
(上記、電話オプションパックの加入が必要)
12,000円
キャッシュバックキャンペーン 5,000円
計. 12,140円

NTTの解約にかかったのは-11,340円、au契約の際に還元されたお金は12,140円、800円の黒字です。
表には記載しませんでしたが、auひかり開通の手数料24回分割払い×1,250円=30,000円が別途必要です。
私は、そのままの金額を毎月×24回割引きしてもらって、実質無料ということにしてもらいました。2年縛りです。
でも、24ヶ月以内に解約するかも知れない人は予算に組み込んだ方が良いと思います。

月額費用比較

NTT au 金額
月額使用料 -2,630円
So-net プロバイダー料 -900円
計. -3,530円
月額使用料 -3,500円
KDDIまとめて割引 100円
機器レンタル料 -400円
au one net プロバイダー料 0円
計. -3,800円

月々支払分で比べてみると
NTTフレッツが 3,530円、auが 3,800円。NTTフレッツの方が 270円お得です。
NTTには、もっともっと割という長期加入者に向けた割引がありましたので、この分の差かと思います。
ただ、もっともっと割は3年毎の指定月以外に解約すると違約金が発生します。
割引分を違約金という形で取り戻しているんだ。という声もあるので、一概にauが高い。とも言えません。
もっともっと割の解約金がなければ、乗り換え費用も更に黒字になっていたかもしれないです。

ドコモスマホ から、auスマホ へ。

乗り換え費用比較

ドコモ au 金額
解約金 -10,260円
電話番号転出料 -2,160円
計. -12,420円
契約事務手数料 -3,240円
計. -3,240円

全部で-15,660円もかかりました。スマホ1台プレゼントで帳消しになったかなとは思いますが、中々の費用です。
今回は、キャンペーンでスマホが1台もらえるため解約金のかかる時期に変更しましたが、特に理由がないのであれば、やっぱり解約金のかからない時期の変更が良いと思います。

月額費用比較

ドコモ au 金額
月々サポート適用額 1,647円
データ 5G ‐5,000円
電話カケホーダイ ‐2,700円
付加機能使用料(SPモード等) ‐300円
eビリング割引料(web請求書) 20円
計. -6,333円
auにかえる割スーパー(*1) 824円
auスマートバリュー(*2) 1,410円
データ 5G ‐5,000円
カケホーダイ ‐2,700円
LTE NET ‐300円
クレジットカード割引 100円
計. -5,666円
(*1)auにかえる割スーパーは、1年間の適用です。
(*2)auスマートバリューは、対象のデータ定額サービス加入のスマホと対象の固定通信サービスのセットで、最大2年間OFFになります。

月々支払で比べてみると、ドコモが 6,333円、auが 5,666円。auの方が 667円お得でした。
ただし、1年後はauの方が157円高くなります。

余談ですが、解約日前にパケットプランの見直しをするのがお勧めです。
私は月初の4日に解約したのですが、事前に最低の2ギガ分1,080円に変更しておくのを忘れたため、1,620円損しました。
日割りは出来ませんので、要注意です。

損得の結果は?

結局、乗り換えのために支払ったお金は 14,860円でした。
でも、スマホを1台無料でもらえて、個人的には満足です。
ちなみに、もらった機種は、Xperia Z4 SOV31(ソニーモバイル)です。
公式オンラインショップ購入時の実質負担金は、新規だと32,400円。MNPだと10,800円だそうです。
私はMNPなので、4,060円損をしたことになるのでしょうか?

2年後も乗り換え?!

フレッツからauひかりに乗り換えた娘夫婦はかなり回線速度も上がったそうですが、私は通信速度が良くなったとあまり感じませんでした。
娘夫婦はオンラインゲームしながらhulu等の動画を見たりとかなりヘビーに使っているので、体感しやすいのかもしれません。
私はネットサーフィンやブログ更新くらいにしか使っていないので、ライトユーザーにはフレッツもauも大差ないと感じてしまうのかも知れません。
通信速度は、立地条件やマンションの場合、回線を分け合っている戸数等で変わってくるようなので、結局乗り換えてみないとわからないというのが本音です。
(参考までに、私は総戸数300戸のマンションに住んでいます。娘夫婦は、総戸数50戸のマンションだそうです。)

通信速度の違いがあまり感じられなかったため、2年後にauスマートバリューの割引が切れた時、再度乗り換えを検討するかも知れません。
安さよりこの便利さを使い続けたいと言うサービスがあれば一番良いのですが…。
もっと特色を出したサービスが提供されることを期待したいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブル(PC)
レスポンシブル(PC)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.