青から、赤のペルソナスタシアカードへ。

stacia
今はもう発行されていない青いペルソナカード。
(解約しない限り継続は可能です。)
私は、去年の7月に、やっと赤いペルソナスタシアカードに乗り替えました。
青いカードと赤いカード。私の使い方だとどちらが得か?
考えて、乗り替えた結果、どうだったのか?
主に使う、阪急・阪神百貨店の優待について書きました。

青いカードと赤いカードの特典の違い

赤いカード 青いカード
積算額に伴う優待 支払い時にポイントがたまる 支払い時に優待割引
セール商品の優待 1%のポイント 3%の優待割引
食品・レストラン・カフェ 1%のポイント 優待除外

※積算額=お買い上げ積算額

赤いカードに乗り替えた理由。

  • 赤いカードは、レストランやカフェ・食品売り場でも、1%のポイントがたまるからです。
    百貨店での楽しみは買い物もですが、デパ地下やレストラン・カフェで過ごす時間も楽しみの1つ。
    青いカード決済の飲食などは、積算額には含まれますが、優待がつきませんでした。
    赤いカードになって、1%ではありますが優待ポイントがもらえ、積算額にも含まれるようになったので、無駄が無くなった気がします。

  • 青いカードでは半年毎だった優待率の見直しが、赤いカードだと毎月見直しなので、優待UPの恩恵を直ぐに受ける事が出来ます。
    もちろん、逆に下がる事もありますが……

残念ながら、セール品の優待は、3%から1%に下がってしまいますが、他で取り戻すことが出来ると思い、乗り替えました。

乗り替え時は、ここに注意!!

1. 赤いカードを使うようになったからといって、以前の青いカードは自動で解約されたりはしません。自分で解約して下さい。
 忘れると、二重に年会費を払う事になります。ただ、青いカードの新規入会は終了しています。再入会が出来ない事も考慮に入れて、乗り替えるかどうか考える必要があります。

2. クレジットカード会社やショップdeポイントなどのポイントサービスとポイント残高は引き継がれません。青いカードの解約前に、使い切って下さい。

3. 自動引落しの登録なども、変更の手続きが必要です。

4. リボや分割払い・キャッシングの残高は、青いカードの請求のまま残ります。

5. PiTaPa付きの青いカードの場合、PiTaPaも使えなくなります。
などなどに、ご注意下さい。

乗り替えから半年経って…

デパ地下で恩恵がなかった以前の青いカードの時は、ポイントカードを提示して、別のクレジットカードで決済するようにしていましたが、混雑する中、うっかりポイントカードを出すのを忘れて、積算にもならず、ポイントももらえない事も多々ありました。
赤いカードは、1枚で積算もポイントも処理してくれるので、忘れることも、わずらわしさも無くなりました。

基本優待率は5~10%なので、ポイントを使う時は、優待率1%の食料品やレストラン・カフェに決めています。

今回、これを書くに当たって、じっくりガイドブックを読んで、知らなかった特典に気付きました。
阪急阪神グループ店舗では、阪急阪神おでかけカードとペルソナスタシアカードの両方のポイントがたまる・阪急オアシスでのプラスポイント・イズミヤグループでのポイント優待・アズナスでのプラスポイントなどです。

青いカードの、買い物時の割引は魅力でしたが、総じて、赤いカードに乗り替えて良かったと思っています。

参考記事

年会費が必要でもペルソナSTACIA PiTaPaカードを使う意味。

スポンサーリンク
レスポンシブル(PC)
レスポンシブル(PC)
スポンサーリンク
レスポンシブル(PC)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.